会長のご挨拶

下河邉 智久(しもこうべ ともひさ)
本会のホームページにアクセスをいただきありがとうございました。
北九州市は古くから長崎街道をはじめとした九州五街道の起点として、また九州の玄関港として栄えた街であり、近代に入ってからは製鉄やハイテク産業を中心に重工業地帯として発展した政令指定都市です。
しかしながら、80年代の半ばあたりから、円高や景気の低迷、新興国の急速な発展による国際間競争の激化により、本市においても製造業が海外へと生産拠点を移し始めたことから生産性人口が激減し、少子高齢化が社会問題となりました。
このような中、北九州市医師会は行政や関係機関と連携しながら、介護関連施設の整備や対応窓口の充実等を通して、高齢社会対策に取り組むとともに、良質で豊かな医療資源を背景として、個々の医療機能に応じた効率的な医療連携を推進し、市民ニーズの高い救急医療をはじめ、安定的な医療提供体制の確保に努めてまいりました。
また、わたくしども医師会員は、日常診療はもとより、急患センターへの出務、学校医・園医・産業医等に代表される嘱託医活動、あるいは介護認定や予防接種、健康講話、医療・介護従事者の育成等々と多くの社会活動にも積極的に取り組んでおり、市民の皆様の健康をあらゆる立場から支えております。
一方、北九州市においても「煙を星に変えた街」と称された公害を克服した技術と経験を生かして、環境未来都市へと変貌を遂げた他、近年は大型のテーマパークや門司港レトロ、新日本三大夜景にも選定された皿倉山に代表される観光や映画・ドラマの撮影誘致にも積極的で、“人にやさしく元気なまちづくり”を進めています。
当地は豊富な海の幸、山の幸に恵まれたたいへん食の豊かな街でもありますので、全国の皆様にはぜひ一度ご来北をいただきたいと思います。
また、市民の皆様には、地域の保健・医療・福祉サービスを包括的に提供したり、また何でも相談が出来る“かかりつけ医”を持たれることをお勧めしております。
ホームページには、地域ごとや疾患別など、様々な切り口から簡単な操作で医師を探すことが出来る「医療情報検索システム」を備えておりますので、ご利用ください。