高齢社会対策について

(1)北九州市の高齢化
[↑上に戻る]
北九州市の高齢化について

「高齢化」の問題が叫ばれるようになって既に数年が経ち、全国的に「高齢社会対策」が行われています。
北九州市では、保健・医療・福祉・地域が連携しながら、高齢者やその家族等、援護の必要な方を地域で支え合うまちづくりに取り組んでおり、今日では「北九州方式」と呼ばれています。
その中で北九州市医師会では、平成12年4月より導入された「介護保険」を含めた、「高齢社会対策」を会の重点項目の1つとして関係機関との連携を図りながらさまざまな活動をしています。
北九州市の高齢化率は約28.2%です。

その特徴は、
□高齢化の進展が著しく早いこと。
□地域(各行政区)において、格差があること。
□後期高齢者(75歳以上のお年寄り)が多いこと。
□高齢者だけの世帯(1人暮らしや高齢者夫婦のみの世帯)が多いこと。

があげられ、高齢者会の介護等に関する問題が今後一層深刻となってきます。

行政区人 口高齢化率
(65歳以上)
後期高齢者の割合
(75歳以上)
門司区103,07534.0%17.3%
小倉北区180,42827.2%13.1%
小倉南区214,65425.4%12.0%
八幡東区70,21033.6%18.1%
八幡西区258,99426.7%12.9%
戸畑区59,13729.6%14.9%
若松区85,29729.3%14.5%
北九州市971,79528.2%13.8%
(平成27年3月31日現在)

(2)かかりつけ医について
[↑上に戻る]
【かかりつけ医】
医師会では、地域住民が身近に感じ、いつでも気軽に相談できる「かかりつけ医」、また、相談に対し適切な情報、保健医療サービスを提供する「かかりつけ医」を開業医の1つの理想像と考えています。

【介護保険かかりつけ医】
北九州市医師会かかりつけ医介護情報共有化宣言(2003年8月20日)
我々は在宅要援護高齢者と介護者のQOL(生活・人生の質)の向上に努めます。
そのために、
一、診療情報・介護情報を共有します。
二、療養生活における苦痛と不安を共有します。
三、将来についての不安を共有します。
四、介護支援専門員、その他の介護関連職種と連携し不安の解消に努めます。
自宅で生活する要援護高齢者には、医療と介護サービスが一体となって提供される必要があります。
北九州市医師会では上記の「かかりつけ医介護情報共有化宣言」を行い、高齢者とご家族にふさわしい「かかりつけ医」であるよう、研修に努めます。
平成17年度より介護保険に関連した研修を受けた先生には【介護保険かかりつけ医】院内表示用プレートを配布しております。


(3)在宅医療・介護連携支援センター
[↑上に戻る]

地域の医療・介護の連携を推進するための在宅医療サービスのコーディネート拠点として、市内5地区医師会にセンターを設置し、医療・福祉・介護の関係者に対し、在宅医療に関する相談への対応や、各種研修、市民への在宅医療に関する普及啓発などの業務を行います。

【事業内容】
在宅医療・介護連携支援センターパンフレット(PDF:1,821KB)

【受付日・時間】
月曜日〜金曜日の午前9時〜午後5時(祝日、年末年始、盆8/13〜8/15は休み)

【設置箇所一覧】
センター名称所在地担当地域
電話番号・FAX番号
門司在宅医療・介護連携支援センター門司区小森江3丁目12-11
(門司区医師会内)
門司区
TEL:371−3313
FAX:371−3314
小倉在宅医療・介護連携支援センター小倉南区春ヶ丘10−14
(小倉医師会介護サービス総合センター内)
小倉北区
小倉南区
TEL:932−7141
FAX:932−7118
八幡在宅医療・介護連携支援センター八幡東区平野2丁目1-1
(八幡医師会内)
八幡東区
八幡西区
TEL:663−7500
FAX:663−7502
戸畑在宅医療・介護連携支援センター戸畑区正津町2−4
(戸畑区医師会横)
戸畑区
TEL:871−1780
FAX:871−1790
若松在宅医療・介護連携支援センター若松区藤ノ木2丁目1−29若松区
TEL:752−1117
FAX:752−1118

【関連ホームページ】
北九州市 http://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/18301041.html

(4)地域包括支援センターについて
[↑上に戻る]
【地域包括支援センター】
平成18年4月1日改正介護保険法が施行され、地域包括支援センターが設置されました。地域包括支援センターでは保健師1名、社会福祉士1名、介護支援専門員1名、計3名の専門職により、1)要支援1、要支援2の高齢者の介護予防プラン作成、基本健康診査と同時に行われる介護予防検診でスクリーニングされたハイリスクグループに対する介護予防プランの作成、2)在宅高齢者と家族に対する総合相談、在宅高齢者の虐待防止や権利擁護、3)ケアマネージャーの支援、4)医療と介護の連携の仕組みづくり等が行われます。地域包括支援センターは在宅介護支援センターの機能が強化された、地域ケアシステム、介護保険運営の扇の要となる機関です。
多くの政令都市では、在宅介護支援センターを受託していた法人等に地域包括支援センターの運営も委託していますが、北九州市では公平中立性を重視して市直営方式がとられます。保健師は行政保健師を配置し、それ以外の専門職は、主に他の公的な団体から嘱託職員として派遣を受ける形で運営されることになりました。

(5)各種サービス機関のご紹介について
[↑上に戻る]
【門司区医師会】093-371-1567
門司区医師会訪問看護ステーションやすらぎ093-382-1165
門司区医師会デイ・ケア093-391-4986
門司区医師会ケア・マネージサービス093-382-2877
門司区医師会ヘルパーステーション「あんしん」093-371-6168
【小倉医師会】093-551-3181
小倉医師会訪問看護ステーション093-932-7136
小倉医師会ホームヘルパー養成研究事業093-551-3181
小倉医師会ケアプラン・サービスセンター093-932-7137
小倉医師会ホームヘルパーステーション093-932-7138
小倉医師会訪問入浴サービスセンター093-932-7137
【八幡医師会】093-681-6035
八幡医師会訪問看護ステーション093-681-3300
八幡医師会介護保険総合センター093-681-3311
【戸畑区医師会】093-871-6326
戸畑区医師会訪問看護ステーション093-871-6352
【若松区医師会】093-761-5367
若松区医師会訪問看護ステーション093-771-7101
若松区医師会トータルケアコーディネーション093-771-8890
若松区医師会ヘルパーステーション093-761-1110

(6)高齢社会対策への取り組みについて
[↑上に戻る]
北九州市医師会では、平成12年4月より導入された介護保険制度を含む高齢社会に総合的に対応するため、「北九州市医師会 高齢社会対策委員会」を策定し、在宅医療、かかりつけ医の推進、介護保険等の諸問題を協議・検討しております。


主な活動内容


(1)高齢社会対策委員会での主な検討事項


・介護保険下の在宅介護支援センターの役割(かかりつけ医紹介、高齢者相談業務等)

・介護認定審査会について

・研修会の企画・検討

・関係会議報告

・アンケート調査の内容 など


(2)かかりつけ医への研修会


「主治医意見書」の記載に関する研修会を開催し、また、「障害」や「認知症」の専門講師による研修会等を開催しております。 今後も各種の研修会を開催する予定です。

介護保険講演会
※日 時 : 平成17年7月24日(日) 13時〜14時30分
※会 場 : ステーションホテル小倉 (小倉北区浅野1−1−1)
※対象者 : 北九州市医師会会員・医療従事者・介護サービス従事者
※内 容 :
  演題「これからの介護保険の課題と展望〜介護保険を巡る中央情勢〜」
  講師 厚生労働省 老健局 総務課長 山 崎 史 郎
※ご質問に関する回答は、後日ホームページに掲載致します。
 


(3)地域医療・介護保険サービス従事者への研修会


「摂食・嚥下」に関する研修会を開催します。摂食嚥下障害や排尿障害について診断から咀嚼方法・実践を踏まえ、医師のみならず、医療従事者及び各種の介護サービス事業に従事されている方々にも分かりやすく研修を実施した。

平成17年度第2回地域医療・介護保険サービス従事者研修会
※日 時:平成17年9月17日(土)14時〜16時
※会 場:北九州国際会議場(小倉北区浅野3−9−30)
※参加者:医師・看護師・保健師・介護支援専門員・介護福祉士等、北九州市内の医療機関及び介護サービス事業へ従事するもの
※内 容:
   1.介護保険かかりつけ医について
       北九州市医師会 理事 白石 公彦
   2.高齢者によく見られる皮膚疾患とその治療  【資料(PDF:17KB)】
       演者:九州労災病院 皮膚科 村田 宏爾 先生
       座長:八幡医師会訪問看護ステーション 管理者 白井 由里子
 

平成17年度第1回地域医療・介護保険サービス従事者研修会
※日 時:平成17年5月14日(土)14時〜16時
※会 場:北九州国際会議場(小倉北区浅野3−9−30)
※テーマ:排尿ケアへのアプローチ
※参加者:医師会会員、会員医療機関職員、介護サービス事業従業員
※内 容:
   1.北九州市医師会介護保険かかりつけ医について
       北九州市医師会 理事 白石 公彦
   2.介護施設における排尿ケアの実態と問題点
       演者:北九州病院排泄管理指導室 室長 岩坪 暎二
       座長:若松区基幹型在宅介護支援センター 主任 佐藤 朝美

質問に対する回答(排尿管理Q&A)(PDF:21KB)
 

平成16年度 地域医療・介護保険サービス従事者研修会
※日時:平成16年11月20日(土)14:00−16:30
※場所:小倉医師会5階講堂 (小倉北区中島1−19−17)
※テーマ:摂食・嚥下障害へのアプローチ
※参加者:医師会会員、会員医療機関職員、介護サービス事業従業員
※企画内容:日常臨床や福祉の現場でしばしば遭遇する摂食嚥下障害の症例に対して、医師や関連職種がどう対応すればよいのか、医師や専門職種の役割や連携の観点から、シンポジウム形式で分かりやすく解説する。
※座長:北九州市医師会 理事 白石公彦
   産業医科大学リハビリテーション医学講座 助教授 佐伯 覚
※次第: 【式次第(PDF:8KB)】
1.摂食嚥下障害の概要(20分) 【資料(PDF:53KB)】
 産業医科大学リハビリテーション医学講座 助教授 佐伯 覚
 「地域リハにおける摂食嚥下障害の重要性、臨床所見、誤嚥の病態、スクリーニング検査」

2.嚥下造影、内視鏡検査(20分) 【資料(PDF:11KB)】
 産業医科大学リハビリテーション医学講座 助手 千坂洋巳
 「嚥下造影、内視鏡検査による摂食嚥下障害診断の実例と対策」
 ※質問の回答:嚥下造影検査が出来る医療機関は?

3.訓練の実際(15分) 【資料(PDF:23KB)】
 産業医科大学リハビリテーション部 言語療法室主任 野崎康夫
 「摂食嚥下障害の直接的、間接的訓練のやり方」

4.嚥下治療食の実際(10分) 【資料(PDF:22KB)】
 産業医科大学栄養部 主任 黒木絹子
 「病院における嚥下治療食の実例と市販食品」

5.介護食の実際(10分) 【資料(PDF:34KB)】
 介護老人保健施設サングレース 岩切尚美
 「後期高齢者の介護食の実際」

6.看護の実際(15分) 【資料(PDF:18KB)】
 産業医科大学病院 看護師 横手薫子
 「食事介助や生活指導」

7.歯と咀嚼(15分) 【資料(PDF:12KB)】
 北九州市歯科医師会 木尾泰久
 「歯科医師への相談、在宅高齢者や片麻痺患者の義歯と咀嚼、口腔ケアの重要性」

8.口腔ケアの実際(15分) 【資料(PDF:75KB)】
 芳野病院 歯科衛生士 廣田真理子
 「自宅でも簡単にできる口腔ケアの実際(実技を中心に)」

9.総合討議(20分)